SANDINISTA(サンディニスタ)のパックTとテーパードチノをサイズごとに着比べてみました

はじめに

福井のセレクトショップ「DISCOVERY(ディスカバリー)」の水尻です。

「日常着としてのお洒落を気軽に楽しめるお店でありたい」をコンセプトにする当店にとって、サンディニスタの「DAILY STANDARD/デイリースタンダード」はなくてはならないブランドです。

「DAILY STANDARD/デイリースタンダード」=定番って事です。

定番といっても、地味なアイテムじゃないのが魅力で、ちゃんと街着としてのお洒落がしっかりと楽しめのが人気の秘密。

ジーンズやチノパン、レザーベルト、2枚セットのパックTなんかは代表アイテムですよね。

どれも至って普通なんだけど、着てみると凄くカッコいい。

今日は、そのデイリースタンダードでも人気の高い、パックTとテーパードチノの組み合わせを紹介します。

僕が実際に4サイズで着比べてみたので、サイズ選びの参考になると思います。

まずはサンディニスタの紹介からどうぞ。

「SANDINISTA(サンディニスタ)」とは

2000年にカナダのバンクーバーにてスタート。

「SANDINISTA(サンディニスタ)」とはニカラグアの解放軍の名前で、現在はニカラグアの政党の一つとなっている。

グラフィックデザイナーのVINCENT COOKが作るグラフィックと、菊地威史が東京のスタイルをミックスして作りあげるシンプルかつ機能的な洋服との融合を軸に始めたブランド。

着る人のパーソナリティを重視し、幅広く合わせる事ができるサンディニスタの服作りは、長年幅広い世代に支持されています。

カジュアルに着こなせるジャケット、ワーク、ミリタリー、スポーツ、アウトドア、をベースにしたデイリーカジュアルが特徴。

シーズン毎のテーマからクリエーションする[COLLECTION LINE(コレクションライン)]と、その名の通りデイリーに着こなせる定番の[DAILY STANDARD/デイリースタンダード]の2つのラインから構成。

 

続いて商品紹介です。

まずは2枚セットのクルーネックTシャツから。

Cadet C/N Tee – 2 Packs / 半袖クルーネックT(2枚パック)

商品写真

色サイズ価格

SANDINISTA(サンディニスタ)
NO.CS-P-CN
Cadet C/N Tee – 2 Packs / 半袖クルーネックT(2枚パック)
COLOR&SIZE
WHITE:XS S M L XL
HEATHER GRAY:XS S M L XL
NAVY:XS S M L XL
BLACK:XS S M L XL
PRICE 5,500+tax/p>

商品説明

サンディニスタの定番アイテム2枚セットのパックTです。

襟の形はクルーネック(丸首)です。窮屈すぎない衿回りでありながら、広すぎる事もないという絶妙なバランスの形となっています。

同じ色のTシャツが2枚で5,940円なので、計算すると1枚2,970円で、税込み3,000円切っちゃうお得プライスです。

とはいっても安いTシャツなんか世の中に溢れている訳で、何故このサンディニスタのパックTが支持されているか。

まず第一のおススメポイントは、使われている素材が素晴らしいって事です。

素材はサンディニスタがオリジナルでブレンドしたコットンを使用しています。

コットン=綿花ですから、天候や災害によって収穫や値段に差がでやすく、思わぬ事態で高騰したり数が少なくなってしまう場合があります。

そのシーズンだけ作るアイテムならそれでも構いませんが、サンディニスタのパックTの様に継続して生産しているため、そういう影響が少なくなる様に配慮しなければなりません。

そして、数量を確保しつつ品質も落とさない事が重要です。

ブランドが信頼している地域で採れたコットンをブレンドする事で、品質がぶれない様に仕上げています。

とある地域だけ不作だったとしても、他の地域が豊作なら問題ないですからね。

とはいってもコットン製のTシャツなんてたくさんありますし、素材だけならユニクロのTシャツもいいじゃないと思う方も多いでしょう。

ただ、その辺りのTシャツは何というか肌着っぽいんですよね。

お洒落をするのに大事な垢ぬけた雰囲気が無いんです。

つまり”新品のTシャツ着てます”感が満載なんですよね。

それらを払拭するためにサンディニスタのTシャツは手間のかかる加工を行っています。

それが第二のポイントとなる製品染めとタンブラー乾燥です。

製品染めというのは名前の通り染めて色を付ける事です。Tシャツで大事となる自然な風合いは何度か着用して洗う事で現われてきます。

つまり製品染めの段階で洗う事で、新品ならではの素材感をうまく消しているんですよね。

その結果少し表面が毛羽だった様な風合いは、着こなしと自然に馴染んで主張しすぎません。

そしてもう1つがタンブラー乾燥です。

タンブラー乾燥とは、いわゆる乾燥機にかける事。

このタンブラー乾燥を加える事によって、何回も着込んだ様な風合いが最初から楽しめるんですよね。

考えてみれば大きなタンクの乾燥機で回転させる事は、1日着用するのと同じくらいTシャツを動かす事になります。

加えて乾燥機にかける事で生地の目が詰まって丈夫になる。つまり型崩れしずらくなるという利点もあります。

コットン素材は水洗いする事で必ず縮みが発生するのですが、乾燥機を使うと短時間で熱により乾かすため、より縮みが大きくなります。

一般的には洗濯時に乾燥機は使わないで下さいという表記がタグについています。

理由は縮みすぎる事により、着れなくなってしまう可能性があるからですね。

乾燥機を使うとほぼ限界まで生地が縮んじゃうのでやめて下さいって事なんです。

これ逆に考えると乾燥機を使って乾かした衣類は、水洗いしてもそれ以上縮まないって事なんです。

ひどいTシャツなんかは洗う度にどんどん縮んじゃって、気が付いたら着れなくなっちゃったりするんです。

これだけの処理を行えば、最初から最後まで生地の風合いが変わらないって事にも繋がります。

最初はいい感じだったけど洗濯したらすぐに生地がぼろぼろになっちゃった・・ってのは嫌ですからね。

そして3つ目のおススメポイントが、着た時のシルエットやバランスがカッコイイ

いや~~やっぱこれがないと駄目ですよね(笑)基本的にオシャレとして着る訳ですから。

肩のラインが落ちないように少し肩幅はタイトにしつつ、身幅は大きすぎず小さすぎずの絶妙なバランスになっています。

これ体型的に細い人でもお腹が気になる人でも、気にせず着れるサイズ感です。

そして首回りも少し余裕をもった作りになっているので、肌着のTシャツにありがちな、太いリブと締め付け感がないんですよね。

着丈もやや短めの設定となっているので、結果的に足が長く見える利点もあったりします。

単なる無地Tと思いきや、裾にさりげなくワンポイント刺繍が入るのもポイントです。

おかげで当店ではこの手のシンプルなTシャツは、もうこれしか売れないっていう感じになっています。

オシャレを楽しむうえで自分にとっての定番アイテムを見つけるってのは非常に大事な事です。

年を追うごとに求める人が増えているのは、やっぱりこのパックTが本質的に素晴らしい事を証明していると思います。

サイズ展開は、XS、S、M、L、XLの5サイズ展開です。

 

続いてテーパードストレッチチノです。

B.C.Chino Stretch Pants Tapard(テーパードストレッチチノ)

商品写真

色サイズ価格

SANDINISTA(サンディニスタ)
NO.BC-CSPTA01
B.C.Chino Stretch Pants Tapard(テーパードストレッチチノ)
COLOR&SIZE
BEIGE:28 30 32 34
BEIGE:28 30 32 34
BEIGE:28 30 32 34
BEIGE:28 30 32 34
PRICE 17,000+tax

商品説明

チノパンという珍しくない商品でありながら、圧倒的な試着購買率を誇る当店人気のアイテムがこちら。

その秘密は他では絶対にありえない、独自のテーパードシルエットにあります。

テーパードシルエットとは、裾にかけて細くなる事で、ゆったりとした太ももから裾にかけて細くなるのが基本となります。

このチノパンもウエストや太もも回りはゆったりとしているのですが、膝から下が急激に細くなってるんです。

穿いてみると分かりますが、膝から下はスキニーに様なシルエットになるんです。

ウエストや股辺りには余裕があって楽チンでありつつ、印象としては凄くすっきりと見えるってのが人気の秘密です。

大人が穿いてもだらしなくならない、絶妙なストリート感が魅力のパンツなんですよね。

シルエットだけじゃなく、素材もサンディニスタがオリジナルで作り上げたストレッチチノを使用。

仕上げにピュアセーム加工(肌に心地よい風合い加工)を施しているので、チノパンにありがちなゴワつき感は全くありません。

お尻のポケットのフチに入るステッチワークやベルト裏のプリントなど、細かい部分までこだわって作っているので、シンプルなチノパンながらも凄く愛着が持てるんじゃなかと思います。

製品後に洗い加工とタンブラー乾燥を施しているので、洗濯しても型崩れなどはほとんどありません。

縫製はデニムの産地として名高い岡山県の工場で生産されているので、ワーク本来のタフさはしっかりと兼ね備えています。

購入した方が気に入って、色違いで購入したり同シルエットのデニムを購入したりと、圧倒的な虜になってしまう魔性のチノパンです(笑)。

28、30、32、34の4サイズ展開です。

半袖クルーネックTのサイズSとテーパードストレッチチノのサイズ28を使ったスタイリング

着用アイテム

ニットキャップ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134554612

Tシャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=133766662

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134555081

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134641273

スタイリングのポイント

当店の夏の代表アイテムとなるサンディニスタのTシャツと、すでに当店の新しい定番になりつつあるテーパードチノの組み合わせ。

無地のTシャツにシンプルなパンツってのは、男ながらあこがれる組み合わせなんじゃないかと(笑)

TシャツはサイズS、パンツは28インチを穿いています。

僕の体形が170cmの62kgとなるので、これでジャストサイズくらいですね。

正直、僕が普段着るならどちらもワンサイズアップします。

まぁその辺りは好みもあるでしょうし、僕より身長が低かったり、細い方はこれがジャストになる筈です。

サンディニスタの定番アイテムが人気の理由って、至ってシンプルなのにちゃんと洒落感がでるところじゃないかと。

この辺りはユニクロやファストファッションでは出せない味じゃないかと。

未体験の人は、当店のベストセラーアイテムの秘密を味わってほしいですね。

半袖クルーネックTのサイズMとテーパードストレッチチノのサイズ30を使ったスタイリング

着用アイテム

ニットキャップ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134554612

Tシャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=133766662

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134555081

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134641273

スタイリングのポイント

TシャツはサイズM、パンツは30インチを穿いています。

僕の体形が170cmの62kgとなるので、僕としてはこれくらいが今の気分のサイズ感。

Tシャツはワンサイズの寸法差が小さいので、サイズSと比べてもそれほど変わりませんが、パンツは太もも回りに余裕がでて、しっかりとテーパードらしくなっているのがお分かり頂けるかと。

けど膝から下のタイトなフォルムが、だらしなさを感じさせない絶妙なバランスを生みます。

おまけにストレッチがしっかりと効いているので、ストレスは全く感じないんです。

裾が細いパンツは、スニーカーや短靴といった高さが無い靴と愛称がいいので、夏にかけて活躍するのは間違いありません。

上下のシルエットを見せたかったので小物は使ってないですけど、カバンなどを加えれれば夏のスタイリングとしてかなり素敵な仕上がりになると思います。

 

半袖クルーネックTのサイズLとテーパードストレッチチノのサイズ32を使ったスタイリング

着用アイテム

ハット→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134554578

Tシャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=133766662

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134555081

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134641273

スタイリングのポイント

TシャツはサイズL、パンツは32インチを穿いています。

170cmで62kgの僕がこのサイズを着たら、かなりゆったりになると思いました。

けど、着てみたらそうでもなかったです。

逆にこれくらいでも全然ありの様な気もします。

これサンディニスタのパックT(クルーネック、Vネック)の大事なポイントなんですけど、ワンサイズの差が小さいのでワンサイズアップしてもそんなに大きくなりません。

身長が僕と同じくらいでも、胸板やお腹が目立つ方はサイズLくらいがベストになると思うので、サイズ選ぶの参考にして下さい。

あとサンディニスタのパックTのいいところは、着丈がそんなに長くないところだったりします。

一般的なTシャツは着丈が長いうえに洗いをかけていないものが多いので、洗うと縮みが発生するんですよね。

こちらのTシャツはもちろん洗い済みですので(乾燥機もかけられています)、その辺りの心配は全くありません。

色の組み合わせのポイントですけど、Tシャツとパンツを暗めにしたので帽子とパンツは少し明るめにしてバランスをとりました。

暑苦しいのは嫌だけど、白のTシャツばっかじゃ飽きちゃうので、こういう色合わせもいいんじゃないかと。

 

半袖クルーネックTのサイズXLとテーパードストレッチチノのサイズ34を使ったスタイリング

着用アイテム

ニットキャップ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134554612

Tシャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=133766662

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134555081

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134641273

スタイリングのポイント

TシャツはサイズXL、パンツは34インチを穿いています。

僕がこの組み合わせ着ても、意外に大丈夫って凄くないですか?

170cmで62kgの僕の体形だと、このサイズはほぼ着ないサイズなんです。

にも拘わらず意外にいけちゃう秘密はパンツじゃないかと。

サンディニスタのテーパードチノって、裾が細いのですっきりと見えるんですよ。

ウエストや太ももゆるめだけど、だらしなくならない秘密がここです。

TシャツもXLなんて相当ゆったりになりそうですけど、見ての通りそうでもありません。

いいシルエットのTシャツは、サイズアップしても形が崩れないって事ですね。

色の組み合わせとしては、夏に着ても重くならない事を意識したシンプルな組み合わせ。

日常着のお洒落としては、これくらいも十分アリだと思います。

もちろんさりげない中に、シルエットや素材のポイントはしっかりと詰まっているのが、サンディニスタのデイリースタンダードの魅力だったりします。

まだ未体験の方は、サイズが揃っているうちに試す事をお勧めします。

 

次回の更新について

次回は6月17日の更新を予定しております。

今は週に2回更新ですけど、入荷が多い時期になったら、週イチくらいの更新頻度になりそうな気がします。

何か更新日書かない方がいい気もするんですけど、書かなかったらやらない気がするのでしばらくは書かせて下さい(笑)

では本日もお待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. SANDINISTA(サンディニスタ)Easy Fit He…

  2. Cramp(クランプ)のサイフが再入荷しました

  3. YSTRDY’S TMRRW(イエスタデイズトゥ…

  4. SANDINISTA(サンディニスタ)のDAILY STAN…

  5. SANDINISTA(サンディニスタ)Daily S.N.D…

  6. YSTRDY’S TMRRW(イエスタディズトゥ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。