YASHIKI(ヤシキ)Akikaze Knit(秋風ニット)

当店屈指のニットブランド

福井のセレクトショップ「DISCOVERY(ディスカバリー)」の水尻です。

10人いれば10人の性格があるように、当店のブランドも個性や得意とする部分が異なります。

僕としてはそれぞれの個性を食い合わないように、ブランドや商品をセレクトしているのですが、中でも確固たる地位を築いているブランドがあります。

ニットだけのブランド「YASHIKI(ヤシキ)」です。

ここ数シーズン知名度もかなり高くなってきて、このブランドを指名して来店される方も増えています。

今シーズンもこの暑い中、順調にアイテムが減っているという驚きの状況です。

まさかの完売アイテムもあったりします・・

ご存知じゃない人もいるかと思いますので、簡単にブランドの詳細やコンセプトを説明しますね。

YASHIKI(ヤシキ)とは

YASHIKI(ヤシキ)は、矢鋪彩義氏が2014年より満を持して自分の名前をつけてスタートさせたニットブランド。

古くから繊維産業が盛んな両毛地区である栃木県で生産され、一貫してメイドインジャパンにこだわっています。

オンタイムとオフタイムを行き来する、場所・時間・お金に縛られないスタイルをコンセプトに掲げています。

メンズとしては珍しいニット専門ブランドですが、その確かな品質とブランドアイコンの矢絣(やがすり)など織り柄を変化させることで、シンプルな中にも個性を生かしたデザインに仕上げています。

ニットは家庭で洗えないことがほとんどですが、ヤシキの商品は製品の時点で一度水に通しているので、手洗いであれば家庭で洗うことも可能です。(洗濯表示はクリーニングの商品もあります)。

ヤシキの定番である着物のパターンはファッションという観点からすると、肩幅と身幅を非常に広く設定したリラックスしたシルエットで、トレンド感のあるデザイン。

コットンニットには糸に絹のような艶とハリをもたせるシルケット加工を施したり、単なる見た目だけではなく、袖を通した時の着心地も大事にしています。

 

どうですか?何となくイメージできたでしょうか。

そんなヤシキらしいニットが、本日紹介するのはこちらです。

Akikaze Knit(秋風ニット)

商品写真

色サイズ価格

NO.YSK-19AW-KN02
Akikaze Knit(秋風ニット)
COLOR&SIZE
NAVY:1(S) 2(M)
BROWN:1(S) 2(M)
PRICE 24,500+tax

商品説明

心地よくもどこか寂しい秋の風をイメージした、クルーネックのコットンニット。

プレーティング編みと呼ばれる、表目調と裏目調で異なる色を編む技法を使用する事で、凸部分には裏の糸色があえてでてくる用に編み込む事で、秋の風を表現しました。

肩辺りのリブの様な織り、袖口に入るブランドアイコンとなっている矢餅柄など、無地でも表情のあるニットに仕上げました。

襟のデザインや開き具合はバランスよく仕上げつつ、着用時に肩が落ちるドロップショルダーや、身幅を少し大きくとって丸みを出したシルエットなど、ヤシキでは定番となる着物をイメージしたパターンを採用しています。

4本取り12ゲージ(ゲージとは糸の太さで数字が小さいほど太い糸になります)で編みあげたニットは、しっかりと目が詰まって型崩れしずらい手触り。

コットン100%でウールを使用していない為、ウールがチクチクして苦手という人でも問題なく着る事ができますし、製品段階で洗いをかけてあるので手洗いであれば家庭での洗濯も可能です。

1、2、3の3サイズ展開です。

ただ上記の通りサイズはゆったりめなので、サイズ1でもそんなに小さくありません。

ほとんどの方はサイズ2までで対応できると思います。

 

Akikaze Knit(秋風ニット)を使ったスタイリング1

着用アイテム

ニット→https://discovery-onlineshop.com/?pid=144911946

シャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134137328

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=142762220

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=133827460

スタイリングのポイント

ブラウンのニットをメインに、パンツとスリッポンも同系色にして色をまとめてみました。

そのままだと色がぼやけてしまうので、中にギンガムシャツを入れました。

中間色のコーディネートには、白や黒を混ぜると全体がまとまります。

チノパンにニットを合わせるのは王道のスタイリングですし、一歩間違うと単なるおっさんコーデになる可能性も秘めています。

けど、ヤシキのニットはシルエットがお洒落なので、古めかしくならないんですよね。

着丈が短く身幅がやや広めの形で、お腹周りを隠しつつ足は長く見せれくれるんです。

足元はレザーのスリッポンを合わせましたけど、スニーカーならカジュアルにもなるので、その辺りにはその日の気分でいいんじゃないでしょうか。

Akikaze Knit(秋風ニット)を使ったスタイリング2

着用アイテム

ニット→https://discovery-onlineshop.com/?pid=144911946

シャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=139457759

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134555337

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=144736334

スタイリングのポイント

落ち着いた色合わせでありつつ、中に着た差し色と足元のスリッポンで力を抜いた印象です。

ヤシキのニットが主役なのは間違いないのですが、中に着たカーリーのバンドカラーがいい差し色になっていますね。

今シーズンは差し色を減らして、落ち着いた色のニットを多くセレクトしています。

だた上下ともに暗めで合わせちゃうと、夜の闇に埋もれてしまいます(笑)

暗めのニットには白のシャツなんかを合わせるのが一般的ですが、こんな感じでイエローのアイテムを合わせるのもいいですよね。

明るいアイテムは単品だと派手そうですけど、こんな感じで合わせると全体の雰囲気をがらっと変えてくれます。

足元も革靴なんですけど、少しラフな印象のローファーを合わせることで、街着としてやり過ぎない印象。

ただローファーでも固すぎると思う人は、スニーカーを合わせても全然大丈夫ですよ。

 

お店からのお知らせと独り言

お知らせです。

本日紹介したニットと同時入荷して、恐るべき速度で完売しちゃったヤシキのカーディガン。

まさかお盆中に完売するとは予想だにしませんでした・・・・

ダメ元でメーカーに確認したところ、奇跡的にブラックのサイズ1が1枚だけ再入荷する事になりました。

来週再入荷予定ですので、逃しちゃった方で欲しい方はご連絡下さい。

YASHIKI(ヤシキ)
Komogake Cardigan(薦掛けカーディガン)

では本日もお待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. Gypsy&sons(ジプシー&サンズ)のフェルト…

  2. モール糸の素材が素敵なYASHIKI(ヤシキ)のスヌード

  3. 袖と通した時の肌触りにこだわったMR.ORIVE(ミスターオ…

  4. GOOD NEIGHBORS SHIRTS(グッドネイバーシ…

  5. underline(アンダーライン)Anklet(アンクレッ…

  6. SANDINISTA(サンディニスタ)(ワイドスリーブコット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。