そろそろブーツの季節です / PADRONE(パドローネ)ならではの履き心地を楽しめるブーツ

はじめに

福井のセレクトショップ「DISCOVERY(ディスカバリー)」の水尻です。

朝晩はすっかり寒くなりました。

そろそろ夏に活躍したスニーカーやスリッポンはお役御免となり、革靴やブーツを引っ張り出したくなります。

もちろん冬にスニーカーを履いてもかまわないのですが、革靴に変えるだけで一気に秋冬感がでるんですよね。

ブーツは愛用する事で味もでますので、長く付き合える1足を選びたいものです。

 

ということで今回は、当店の革靴といえば・・・で、お馴染みのパドローネのブーツを紹介します。

どれも今シーズン新発売となった新作モデルなので、僕としてもかなりおススメしたいものばかりです。

 

まずはブランドの紹介から

「PADRONE/パドローネ」とは

「PADRONE」はコムデギャルソンなど数々のコレクションブランドやデザイナーズブランド、ショップオリジナルなどの靴を製作していたファクトリーが2006年に満を持して発表したブランドです。

技(技術)と美(ファッション)の融合をコンセプトに挙げ、新品時から履き親しんだ靴のような履き心地と、他にはないオリジナリティ溢れる仕上げが特徴となっています。

中物にコルクを使う事で、抜群のクッション性を確保したりと、総勢8名の職人によって大量生産の靴には真似出来ない、こだわりの靴作りが行われています。

熟練した職人の手作業によるクオリティとコストパフォーマンスの高さを感じさせる靴を作り続けています。

 

僕も色々な靴ブランドを見ていますが、この品質でこの価格で国産ってのはほぼ皆無じゃないかと。

例えブランドを知らなくても、履いてみれば納得できる穿き心地だと断言できます。

当店で10年以上愛用されている、その人気は伊達じゃありません。

本日はそのパドローネの今期新作となるブーツを紹介します。

まずは細部まで丁寧に仕上げた、ウイングチップブーツを紹介します。

WING TIP BOOTS with BACK ZIP(ウイングチップバックジップブーツ)

商品写真

色サイズ価格

PADRONE(パドローネ)
NO.PU8054-1138-19C
WING TIP BOOTS with BACK ZIP(ウイングチップバックジップブーツ)
COLOR&SIZE
BLACK:40(25cm) 41(26cm) 42(27cm) 43(28cm)
D.BROWN:40(25cm) 41(26cm) 42(27cm) 43(28cm)
CAMEL:40(25cm) 41(26cm) 42(27cm) 43(28cm)
PRICE 34,000+tax

商品説明

きめ細やかさが特徴のキップレザー(生後6か月から2年ほどの牛革)を使ったウイングチップブーツ。

ウィングチップとはつま先の革の切り替えに使われる革片(チップ)が、翼(ウィング)のような形をしているので、この名がつけられています。

ファッショナブルな印象ですが、ウイングチップの源流はカントリーシューズなので、デニムやツイード、コーデュロイパンツといったカジュアルな洋服との相性は抜群です。

半面スーツなどのスタイリッシュな雰囲気もあう、まさに定番ともいえるブーツです。

脱着が容易なバックジップを採用する事で、ブーツにありがちな履きずらさを解消しています。

オーセンティックなデザインをベースに、製品仕上げでオリジナルオイルとワックスを使い特殊な風合い加工を施しました。

すでに履きこまれたかの様な、独自のシワが再現された存在感のあるモデルです。

アッパーの革とソールはマッケイ製法(アッパー・中底・アウトソールを同時に縫いつける製法)で、非常に軽くて返りが良いので歩きやすいのが特徴です。

ソールが減ってきた場合はソールだけ交換する事もできます(希望の方はお問い合わせ下さい)。

40、41、42、43の4サイズ展開です。

サイズ感としては足の実寸が25cmならサイズ40、26cmならサイズ41、27cmならサイズ42、28cmならサイズ43となります。

例えば足の実寸が26.5cmといった場合、41か42で悩むと思いますが、こちらのシューズは細めの木型を採用しているので、サイズで悩んだ場合は上のサイズ(42)を選ぶ事をおススメします。

WING TIP BOOTS with BACK ZIP(ウイングチップバックジップブーツ)を使ったスタイリング

着用アイテム

ストール→CURLY(カーリー)BLEECKER STOLE(ブリーカーストール)

カットソー→CURLY(カーリー)CLOUDY 2B HN TEE(ヘンリーネックカットソー)

パンツ→Varde77(バルデ77)POLYWOOL STANDARD WIDE SLACKS(ワイドテーパードスラックス)

靴→PADRONE(パドローネ)WING TIP BOOTS with BACK ZIP(ウイングチップバックジップブーツ)

スタイリングのポイント

ウイングチップのブーツって装飾があるので、無地でまとめたスタイリングに加えると凄くいい味ができます。

逆にいうと柄物のアイテムに合わせると、ちょっとやりすぎになるかもしれません。

パンツは基本的に無地と合わせるのがおススメです。

このスタイリングだと襟元のストールのチェックと、足元のブーツの装飾で無地の着こなしにアクセントを加えています。

全体的にちょっとゆったりめのサイズ感で合わせたので、スラックス+パンツでもかっちり過ぎていないのがポイントです。

 

続いては久しぶりの登場となるサイドゴアブーツです。

SIDE GORE BOOTS(サイドゴアブーツ)

商品写真

色サイズ価格

PADRONE(パドローネ)
NO.PU8054-1126-15C
SIDE GORE BOOTS(サイドゴアブーツ)
BLACK:40(25cm) 41(26cm) 42(27cm) 43(28cm)
D.BROWN:40(25cm) 41(26cm) 42(27cm) 43(28cm)
CAMEL:40(25cm) 41(26cm) 42(27cm) 43(28cm)
PRICE 30,000+tax

商品説明

きめ細やかさが特徴のキップレザー(生後6か月から2年ほどの牛革)を使ったサイドゴアブーツ。

ゴアとはゴムを織り込んだ伸縮性のある生地のことで、脱着の良さと装飾を兼ね備えたデザインです。

ジーンズなどのカジュアルスタイルから、スラックスなどのスタイリッシュな雰囲気にもあう定番ブーツです。

オーセンティックなデザインをベースに、製品仕上げでオリジナルオイルとワックスを使い特殊な風合い加工を施しました。

アッパーの革とソールはマッケイ製法(アッパー・中底・アウトソールを同時に縫いつける製法)で、非常に軽くて返りが良いので歩きやすいのが特徴です。

ソールが減ってきた場合はソールだけ交換する事もできます(希望の方はお問い合わせ下さい)。

40、41、42、43の4サイズ展開です。

サイズ感としては足の実寸が25cmならサイズ40、26cmならサイズ41、27cmならサイズ42、28cmならサイズ43となります。

例えば、足の実寸が26.5cmといった場合41か42で悩むと思いますが、こちらのシューズは細めの木型を採用しているので、サイズで悩んだ場合は上のサイズ(42)を選ぶ事をおススメします。

 

SIDE GORE BOOTS(サイドゴアブーツ)を使ったスタイリング

着用アイテム

ブルゾン→YSTRDY’S TMRRW(イエスタデイズトゥモロー)JEANS RODEO BOA JACKET(ジーンズロデオボアジャケット)

ニット→SANDINISTA(サンディニスタ)Easy Fit Cotton Knit Top(イージーコットンニット)

パンツ→CEASTERS(ケステル)ウールイージートラウザー

靴→PADRONE(パドローネ)SIDE GORE BOOTS(サイドゴアブーツ)

スタイリングのポイント

サイドゴアブーツって大きく分けて二つの種類があって、スーツでも使えるようなすっきりタイプと、ジーンズで合わせるようなカジュアルタイプがあります。

靴のシルエットやソールのデザインによって変わってくるので、一概にこれといった決まりはありません。

今回紹介したサイドゴアに限っていえば、ややすっきりタイプに当てはまります。

言い方を変えると、「どちらかといえばキレイめだけど、デニムなんかと合わせても大丈夫ですよ」って感じです。

スタイリング自体もカジュアルなデニムブルゾンをメインとしながらも、その他のアイテムは落ち着いた色でまとめて、素材感も品がある感じにしています。

足元のブーツもうまくハマってくれてます。

 

最後はパドローネとしては久しぶりとなる、スウェード素材のブーツです。

VELOUR SIDE ZIP BOOTS(ベロアサイドジップブーツ)

商品写真

色サイズ価格

PADRONE(パドローネ)
NO.PU7358-1125-19D
VELOUR SIDE ZIP BOOTS(ベロアサイドジップブーツ)
BLACK:41(26cm) 42(27cm)
GRAY:1(26cm) 42(27cm)
PRICE 32,000+tax

商品説明

クラシカルなフォルムが人気の定番サイドジップブーツのスウェードタイプです。

アッパーの素材には、クロム鞣し(なめしとは生き物の皮から製品としての革に変化させる事)のキップ床ベロアを使用しました。

キップという革の種類は、子牛と成牛の中間にあたる牛の革です。生後6か月~2年未満の牛を指します。

子牛からとれたキップの革も同様に、きめ細かくて柔らかいのが特徴です。

子牛の「カーフ」よりは年をとっているので、きめ細かくて柔らかさがありながら強度も兼ね備えています。

クロムなめしの革は化学薬品を使用するのでコストを抑えら利点がありながらも、軽くて柔らかく伸縮性に優れた革に仕上がるのが特徴です。

つま先とかかとにワックス加工を施してアクセントにしています。

ソールはレザーソールを採用(革靴のソールは大きく分けてゴム底とこのモデルの様なレザーソールがあります)。

レザーソールはその名の通り革を圧縮して作られており、見た目は木の様で触れると固いですが、元々が革なので足に馴染みやすく通気性が良くて、足が蒸れにくいという長所があります。

欠点としては雨の日は滑りやすかったり、履き続けると底が減ってしまいソールを交換する必要性がでてきます(ソールにゴムを張る事でこれらの欠点は解消できます)。

ソールが減ってきた場合は、ソールだけ交換する事もできます(希望の方はお問い合わせ下さい)。

ソールの製法はパドローネが得意とするマッケイ製法(アッパー・中底・アウトソールを同時に縫いつける製法)で、非常に軽くて返りが良いので非常に歩きやすいです。

サイズ感としては25cmならサイズ40、26cmならサイズ41、27cmならサイズ42、28cmならサイズ43くらいが目安となります。

もし普段のサイズが26.5cmといった方は41か42で悩むと思いますが、このモデルは幅がやや細めなので足の幅が広い方は42、細め~普通くらいの方は41くらいがおススメです。

 

VELOUR SIDE ZIP BOOTS(ベロアサイドジップブーツ)を使ったスタイリング

着用アイテム

ボアブルゾン→DISCOVERED(ディスカバード)Boa B-7 blouson(ボアB7ブルゾン)

タートルスウェット→SANDINISTA(サンディニスタ)Turtleneck Sweatshirt(タートルネックスウェット)

パンツ→SANDINISTA(サンディニスタ)Ventile Tapered Pants(ベンタイルテーパードパンツ)

靴→PADRONE(パドローネ)VELOUR SIDE ZIP BOOTS(ベロアサイドジップブーツ)

スタイリングのポイント

ブラックのスウェードブーツの売りは、ツヤ感が少ないところだと思います。

つま先や踵にはワックスでツヤを出していますが、全体としての質感はツヤが少ないんですよね。

このスタイリングみたいに、トップスが少し派手なので下半身で落ち着かせたい時は、こんな感じでスウェードブーツがハマります。

あとはデニムやチノパンなんかとの相性もいいですから、カジュアルなスタイルの足元を引き締めるのにもおススメです。

パドローネはスウェードブーツを滅多に作らないので、欲しかった人は手に入れても損はしないと思いますよ。

 

お店からのお知らせと独り言

どうでしたか?

どれも奇を狙ったデザインじゃないので、スタイリングに取り入れやすいブーツばかりです。

店頭で試着できない方の為に、遠方の方にはこういうサービスも行っております。

通販だとサイズが不安な方もいらっしゃると思いますので、このサービスを利用して欲しい靴を手に入れて下さい。

 

気が付けば今日から11月です。

今年も残すところ二ヶ月余り。

本当に月日が経つのは早い・・。

それ以上にファッション業界の流れは早いです。

とはいってもトレンドが世代、スタイルによって細分化された今の時代、トレンドというものが果たして意味をなすのかという部分があります。

当たり前ですけど、二十代、三十代、四十代では気になるスタイルが違ってきます。

たまに聞かれて困るのが、「メインのターゲットは何歳くらいですか?」って質問。

型に嵌めたくなるのは分かるけど、そういう意識で商品を選ばないんですよね。

僕が試着して納得できる商品だけを選ぶ。

それだけです。

勘違いしてほしくないのは、僕に似合う商品を選ぶわけじゃないです。

これがバイイングの難しいところでもあり、逆に難しいところなんです。

言葉にできない今提案したいスタイルを頭に入れながら、街着として自然に着こなせる商品を提案したい。

あと「この品質でこの価格なら安いよね」と納得してもらえる、確かなプライスバランスも大事。

セレクトショップは高いものを売る場所じゃありません。

逆にいえばブランドネームに頼ったバイイングはしたくない。

僕が大事にしているのは、あくまで商品目線でのセレクトです。

そろそろ秋冬物を買おうかと思っている方、お店にお越しの際は是非色々と試着してみて下さい。

普通に見えても袖を通したら印象が違った・・ってのは、僕にとって一番嬉しい感想。

もちろん印象がよかった場合ですけど 笑

そんな気分を提案できればと思っています。

では本日もお待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. YSTRDY’S TMRRW(イエスタディズトゥ…

  2. CAL O LINE(キャルオーライン)RIVERSIBLE…

  3. juha(ユハ)DRY OVER MOCK-NECK(モック…

  4. CURLY(カーリー)SDH LS CN TEE(SDHハイ…

  5. PADRONE(パドローネ) ONESIDE GORE BO…

  6. DISCOVERED(ディスカバード)Shirt mix c…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。