WHEELROBE(ウィールローブ)の新作シューズとベルト

靴ブランドはスタートが早い

福井のセレクトショップ「DISCOVERY(ディスカバリー)」の水尻です。

靴のブランドは秋冬シーズンのスタートが早いです。

すでに当店の2大靴ブランド、パドローネとウィールローブは入荷が始まっております。

パドローネはプレーントゥが再入荷(写真撮り直しました)。

そしてウィールローブは待望の新作が届いております。

「WHEELROBE(ウィールローブ)」とは

“WHEEL”とは車輪を意味し、軌跡を表す。

沢山の人の手で作られた靴は様々な人の思いが詰まっている。皮の採取、鞣し、裁断、縫製、つり込み、底付け、様々な工程を経て漸く1足の靴が作りだされる。

そこまではあくまでプロダクトとしての完成で、最終的に足を入れて形となり、履いていくことによって様々な表情が出てきて完成される。

生産の工程の中で最重視しているのが木型。

釣り込んだ際の造形美、穿き心地、歩きやすさに大きな影響を与える。木型は「軌跡」を作っていくうえで非常に重要なものになる。

そのような靴をこれからの人生、愛着をもって履いてほしいという思いから誕生したシューズブランドです。

 

そのウィールローブの新作がこちら。

PLAIN TOE DERBY(プレーントゥダービー)

商品写真

色サイズ価格

WHEELROBE(ウィールローブ)
NO.15075
PLAIN TOE DERBY(プレーントゥダービー)
COLOR&SIZE
BLACK:6.5(24.5cm) 7.5(25.5cm) 8.5(26.5cm) 9.5(27.5cm)
PRICE 40,000+tax

商品説明

オーソペディックシューズ(足の治療又は足の運動機能を補助する目的で専門技術者によって製作された整形外科靴)の木型をベースに、独自の改良を施した木型(#1228)を使って制作されたプレーントゥシューズです。

特長としては、指先から甲にかけては薄く削る事でシャープに仕上げる事で、プレーントゥシューズで採用されている木型(#314)に比べるとボリューム感を抑えています。

絞ったアート部分が最良のフィッティングを作り、歩行をサポートしてくれます。

高級靴にも採用されるグッドイヤー・ウェルト製法で作り上げ、ソールはシングルレザーとなっているので木型のシャープさを生かしたすっきりとしたフォルムになってます。

コバの仕上げは爪を立て(職人が指先に布を巻きつけ爪を立てる様にして磨くことでつるんとした表情になる)、カジュアルの中にもドレス感を出しました。

つま先にはゴムを貼り、ヒールには40年代のブーツよく使用されていたCat’s Paw(キャッツポウ)ヒールを採用しているので、 雨の日などの歩行でも滑りづらくなっています。

アッパーには「Horween(ホーウィン社)」のヘビーウェイトのクロムエクセルを使用。

ホーウィン社は1905年アメリカシカゴにて創業。 現在北米で唯一の最高級のコードバンを造るタンナーで、オールデンやホワイトハウスコックスなど世界各国の一流ブランドに革を提供している事で知られています。

そしてコードバンだけではなく、ホーウィン社を代表するレザーがモデルに使用されている“クロムエクセルレザー”です。

クロムエクセルは80年以上も変わらぬ製法で作られている植物タンニンなめしとクロムなめしを併せた混合なめしで生産されており、元々ホーウィン社がブーツ用として開発した革なので比較的水にも強く耐久性があります。

オイルを多く含んだ革は肉厚の割には柔らかく、足馴染みがいい事で有名です。また小さな傷ならブラッシングで消すことができます。

通常革靴に使用される革はビジネス用なら1mm程度が一般的となっていますが、こちらのモデルでは何と2.2mmの革を使用しています。 触れれば分かるのその肉厚で屈強な革は、長く愛用しても型崩れしずらくなっております。

また「WHEELROBE(ウィールローブ)」では茶芯仕様の革を採用しています。

1950年代のレザー製品に多く使用されていた茶芯レザーは、塗料が奥まで浸透していないので履き込むと茶色が浮き出てくるのが特徴です。

これが味となり、新品の状態よりさらに独特の味わいが演出されます。

最期にアッパーを丹念に磨き上げ、ドレス感を出す仕上げを施しています。

 

PLAIN TOE DERBY(プレーントゥダービー)を使ったスタイリング1

着用アイテム

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=142762220

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=141238972

スタイリングのポイント

パンツと靴のバランスは、全体の印象を決める大事なポイントです。

僕自身がそうなのですが、パンツと靴の組み合わせは決まっている場合が多いです。

少しクラシックな匂いがするウィールローブの靴は、スリムやストレートシルエットといったパンツがおススメ。

こんな感じのダブル仕様の裾は愛称いいですよね。

スーツにも合わせる事ができる雰囲気でありながら、ビジネスライクな匂いは感じさせないのが素敵です。

 

そして、できればセットで揃えたい素敵なベルトも入荷してるんですよコレが。

またこれがカッコいいんです。

30mm幅オリジナルドレスベルト

商品写真






色サイズ価格

WHEELROBE(ウィールローブ)
NO.ORIGINAL DRESS BELT
30mm幅オリジナルドレスベルト
BLACK:32
PRICE 14,000+tax

商品説明

ウィールローブの靴を持っている人は必須のベルトがこちら。

名前の通りスーツ用のベルトとしても使用可能な、まさに男なら必須ともいいえるベルトになります。

使われている革は、ウィールローブの靴に使われているのと同じホーウィン社のクロムエクセルを使用。

デザインは長く愛用できるようシンプルに仕上げましたが、職人による丁寧なコバ磨ぎや縫製などは納得の仕上がりじゃないかと。

裏面には、ブランドロゴとホーウィン社クロムエクセルの型押しが入ります。

裏面の革は、イタリア・ワルビエ社のブッテーロのダークブラウンカラーを使用して配色にしました。

縫い糸も裏面だけオレンジの糸になるように仕上げました。

ベルト穴は2cmおきに5つ配置しています。

30、32、34、36の4サイズ展開です。

サイズ32だと全長が98cmで、バックルから一番手前の穴が75cm、真ん中の穴が80cm、一番奥の穴が86cmになります。

ベルトは体形が変わる事を考慮して、ベルト穴の真ん中がちょうどくらいで購入するのが理想です。

つまりサイズ32だとウエスト80cmくらいの人が適しているという事になります。

ワンサイズで約5cm長さが変わりますので、そう考えると下記くらいが理想のサイズとなります。

30(ウエスト75cm)、32(ウエスト80cm)、34(ウエスト85cm)、36(ウエスト90cm)

 

30mm幅オリジナルドレスベルトを使ったスタイリング1

着用アイテム

シャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134137062

ベルト→https://discovery-onlineshop.com/?pid=143807530

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=142762220

スタイリングのポイント

ワークスラックスやチノパンなんかと合わせるとこんな感じです。

こういうベルトを持ってくるとコーディネートが引き締まりますよね。

ただ、僕としてはこちらの方が本命の着こなしになると思います。

30mm幅オリジナルドレスベルトを使ったスタイリング2

着用アイテム

ドレスシャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134557694

ベルト→https://discovery-onlineshop.com/?pid=143807530

スタイリングのポイント

ドレスベルトなんでスーツとの相性は抜群です。

先に紹介したカジュアルスタイルでシャツをインする事は少ないと思いますが、スーツスタイルはシャツインが鉄則。

普段使っているベルトをそのままスーツ用にしている人がいますが、裏面がきちんと処理されていないベルトはスーツ生地を傷めるので、絶対にやってはいけません。

ちゃんと裏面やコバが綺麗になっているものを使用して下さい。

クロムエクセルなので長持ちしますので、これ買っておけばスーツ用のベルトは安泰です。

在庫がないサイズはメーカーから引っ張れますので、細い方やウエストが大きい方でも対応可能です。

 

次回の更新について

次回の更新は6月27日を予定しております。

では本日もお待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. Gypsy&sons(ジプシー&サンズ)Chamb…

  2. オープンカラーシャツとプルオーバーシャツと私

  3. MANUAL ALPHABET(マニュアルアルファベット) …

  4. カットソーの様な着心地が嬉しいSANDINISTA(サンディ…

  5. VARDE77(バルデ77)の古着をリメイクしたコーデュロイ…

  6. YASHIKI(ヤシキ)Kyokoku Knit(峡谷ニット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。