THEE OLD CIRCUS(ジオールドサーカス)Canvas(ディストーションアームカットシャツ)

水尻です。

昨日は更新ができなくてスイマセンでした・・。

ブログ自体は書いてあったのですが、気が付いたら閉店時間になっていて、こんな深夜に更新してもしょうがないかと思い翌日に繰り越しました。

結局、今日は気が付いたら夕方という事で、楽しみにしている人はがっかりされたかもしれません。

中には僕が事故などにあったのでは??と心配している方もいるとかいないとか(多分誰もいない 笑)

 

前置きはそれくらいにしましょう。

洋服、いわゆるファッションにはトレンドと呼ばれるものがあります。

分かりやすくいえば流行ですね。

都会は人とすれちがう事が多いので、トレンドに気が付くのが早いです。

逆に当店がある福井県では、みんな車で移動するのでトレンドに気が付くのが遅い。

つまり福井でトレンドが主流になるころ、都会では飽きている人が多くなっているという訳です。

今はネットで早く情報が手に入るので、以前に比べれば伝わるのは早くなりました。

それでも多少のタイムラグがあるのは否めません。

ただ、大きな流れのトレンド・・・分かりやすくいうとシルエットですね。

シルエットはちょっとずつ変化してくので、気が付いたら変わっていたという感じじゃないかと。

今はちょっとゆったりと着るのがトレンドですが、もちろんジャストサイズで洋服を着る人も多いです。

ただジャストサイズで着るとしても、動きずらいのは嫌だという人も少なくない筈。

何を隠そう自分もそうです 笑

その辺りをうまくクリアしているのが、本日紹介するジオールドサーカスのシャツです。

キレイなシルエットと動きやすさを兼ね備えた、かなり素敵な1着じゃないかと。

Canvas(ディストーションアームカットシャツ)










THEE OLD CIRCUS(ジオールドサーカス)
NO.9171
Canvas(ディストーションアームカットシャツ)
COLOR&SIZE
WHITE:1(S) 2(M)
PRICE 24,000+tax

薄手ながらもハイゲージ(高密度)で編まれた、カットソー素材を使ったシャツとなります。

特徴としてはアームラインやダーツの各所、背中のクロスステッチの部分など、内側からロックミシンの運針を甘くして縫い合わせることで、その色が表に現れる仕様に仕上げました。

ボタンはブランドオリジナルとなる、サビ加工の金属ボタンを採用。

特徴的なのはアームの形状で、カットソーではあまり見ることのない立体的なアームを採用しています。

また袖先にあるカフスを排除する事で、暑くなった時に袖をたくし上げやすくなっているのもポイント。

高密度で織られた単糸使いの身頃の生地は、糸分量を多く使用する生地のため、吸水性に優れており夏場でも汗を吸いやすい特性があります。

製品後に洗いをかけているので、水洗いをしても縮みなどはほとんどありません。

0、1、2、3の4サイズ展開です。

サイズ1を着てみました。

シャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=139956201

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134555658

シンプルにスキニーパンツと合わせてみました。

シルエットの好みが変わらない人も多いと思うんですよね。

自分に合うスタイルってものがありますし。

僕もどちらかといえばジャストサイズが自分に合うと思っているので、こういうスタイルは結構好きです。

ただし以前と違うのは、生地がストレッチ性のある物に変わったという事です。

今日のスタイリングでいえば、シャツもパンツも伸縮性があって凄く動きやすい。

おまけにこのシャツのいいところは、袖を折り返しやすくなっているところです。

Tシャツの様な生地なので肌触りも凄くよくて、給水性も高くて着心地もいいんです。

 

続いてサイズ2を着てみました。

シャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=139956201

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=139958986

やや身幅がゆったりとしていますが、見た目はそんなに変わらないんじゃないかと。

こちらはパンツをゆとりを持たせたので、リラックス感のあるシルエットになりました。

このシャツはタイトなシルエットなので、こんな感じで前を開けても広がりすぎないのも魅力的だったりします。

夏にかけてはボタンを留めない人も多いでしょうし、軽く羽織る感じで使いたくなりますしね。

冷房が効いているところでは軽く羽織るアイテムは重宝します。

素材がカットソーなので、まるめてカバンに入れておくってのもアリじゃないかと。

 

では本日もご来店お待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. MR.OLIVE(ミスターオリーブ)のフィンガーレスグローブ…

  2. 袖と通した時の肌触りにこだわったMR.ORIVE(ミスターオ…

  3. juha(ユハ)STRIPE OVER SHIRT(ストライ…

  4. MANUAL ALPHABET(マニュアルアルファベット)C…

  5. YASHIKI(ヤシキ)Akikaze Knit(秋風ニット…

  6. CURLY(カーリー)のBRIGHT COAT(ブライトコー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。