THEE OLD CIRCUS(ジオールドサーカス)Crazy Hone(ディストネーションネックロングチェックシャツ)

水尻です。

今シーズンの当店の隠れテーマ(隠すほどでもないんですけど 笑)が、チェックとストライプです。

無地がメインとなるメンズの着こなしで、いかに変化をつけていくかという部分で、柄物を作るブランドが増えてきたように感じています。

とはいっても目がチカチカする様な柄は、気軽な日常着を提案する当店としては提案したくないところ。

そう考えると、昔から馴染みがあるチェック柄やストライプ柄は、新鮮であると同時に着こなしに取り入れた経験があると思うので、あまり違和感を感じない人が多いと思います。

けど、あまりに普通のチェックシャツとかじゃ、日常着としてはよくてもお洒落じゃありません。

そんな部分を考えて提案したいのが、これからの季節にぴったりのこんなチェックアイテムです。

Crazy Hone(ディストネーションネックロングチェックシャツ)











THEE OLD CIRCUS(ジオールドサーカス)
NO.9141
Crazy Hone(ディストネーションネックロングチェックシャツ)
COLOR&SIZE
SHADOW CHECK:2(M)
PRICE 36,000+tax

シャーリング(生地段階でのシワ加工)、オンブレ(被さるように掠れたチェック柄)、そしてディストーション(歪み)の融合をテーマにしたロングシャツコートです。

生地自体は軽量で軽い手触りですが、衿の淵と裾にワイヤーを入れているので、しっかりとした襟と裾のフォルムを保ってくれます。

立体裁断となったスパイラルアームのラインは、手を前にしやすくなるパターンで、チェックの生地を切り返すことで目を惹くデザインに仕上げています。

前立てはボタンが隠れる比翼仕様で、錆び加工を施したオリジナルボタンを使用しています。

名前の通り、シャツとコートの中間的な使用が可能なアイテムとなっています。

製品後に一度洗いをかけているので、家庭で洗濯しても縮みなどはほとんどありません。

0、1、2、3の4サイズ展開です。

着てみました。

シャツコート→https://discovery-onlineshop.com/?pid=139954416

カットソー→https://discovery-onlineshop.com/?pid=139499220

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134555337

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=139958986

昔からジオールドサーカスを知っている方は、とにかく細くて武骨なイメージを持っている人が多いと思います。

全体的にタイトシルエットなのは同じですが(それでも以前よりは全然動きやすい)、雰囲気としてはスタイリッシュなブランドに変わりつつあります。

それでいて、単なるシンプルスタイリッシュとは違った雰囲気になるんですから、これこそブランドの存在感じゃないかと。

そのスタイリッシュさをいかして、無地のインナーにスラックスと革靴を合わせて大人な雰囲気のコーディネートでまとめました。

生地自体はシャツなので薄手なのですが、商品説明に書いたとおり、襟と裾にワイヤーが入っているので、しっかりと形がキープされるのがポイントです。

ボタンを開けて着ても、ヘナっとよれたりしないのがいいんですよ。

僕はスラックスで合わせましたけど、デニムとかと合わせても全然オッケーだと思いますよ。

こんな感じの羽織り物を持っている人あまりいないと思いますので、季節が変わるこのタイミングで是非取り入れてみて下さい。

 

では本日もご来店お待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. ビジネスやフォーマルに使える革靴のおススメ

  2. WHEELROBE(ウィールローブ)15078 HEAVY …

  3. YSTRDY’S TMRRW(イエスタディズトゥ…

  4. 今期から取り扱う「les garcons faciles(ル…

  5. YSTRDY’S TMRRW(イエスタディズ ト…

  6. SANDINISTA(サンディニスタ)のDAILY STAN…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。