PADRONE(パドローネ)LACE UP BOOTS with BACK ZIP”ANTONIOII”(レースアップブーツwithバックジップ)

水尻です。

実績として間違いないこちらのブーツが数年ぶりに再登場です。

すでに予約が入っていた関係で、サイズ40については終了となりました。

このクオリティのブーツを、この価格で作れるメーカーは皆無といってもいい過ぎじゃありません。

LACE UP BOOTS with BACK ZIP”ANTONIOII”(レースアップブーツwithバックジップ)

入荷色はブラックのみです。










PADRONE(パドローネ)
NO.PU8054-1102-12A
LACE UP BOOTS with BACK ZIP”ANTONIOII”(レースアップブーツwithバックジップ)
COLOR&SIZE
BLACK:40 41 42 43
商品価格:34,000+tax

バックジップ仕様のレースアップブーツです。

着脱が面倒なレースアップブーツをバックジップ仕様にしたことで、手軽に履けるブーツに仕上げました。

ソールにナチュラル色のコバを用いているのも、パドローネとしては珍しい仕様となります。

アッパーの革はパドローネオリジナルのコンビ鞣しの革を採用。

コンビ鞣しとは、植物のタンニンでなめすベジタブルタンニンなめしと、薬品で鞣すクロムなめしの特徴を掛け合わせた方法です(なめしとは生き物の皮を製品の革に加工する際の過程です)。

ベジタブルタンニンなめしで独特なツヤ感を出した後に、クロムなめしの均一でムラのない美しい表面感に仕上げています。

天然成分となるベジタブルタンニンが入る事で経年変化を保ちながら、クロムなめしの持つソフトな革の仕上がりとなります(フルベジタブルなめしだけだと最初革が固いので)。

そして仕上げに多量のオリジナルオイルを含ませ、熱処理を施してからワックス加工で磨き上げる事で最初から美しい艶がある風合いに仕上げています。

ソールはレザーソールを採用(革靴のソールは大きく分けてゴム底とこのモデルの様なレザーソールがあります)。

レザーソールはその名の通り革を圧縮して作られており、見た目は木の様で触れると固いですが、元々が革なので足に馴染みやすく通気性が良くて足が蒸れにくいという長所があります。

欠点としては雨の日は滑りやすかったり、履き続けると底が減ってしまいソールを交換する必要性がでてきます(ソールにゴムを張る事でこれらの欠点は解消できます)。

ソールが減ってきた場合はソールだけ交換する事もできます(希望の方はお問い合わせ下さい)。

ソールの製法はパドローネが得意とするマッケイ製法(アッパー・中底・アウトソールを同時に縫いつける製法)で、非常に軽くて返りが良いので非常に歩きやすいです。

サイズ感としてはひもで締めて調節できる事もあって日本人が穿きやすい幅広で甲高な作りです。

サイズ感としては25cmならサイズ40、26cmならサイズ41、27cmならサイズ42、28cmならサイズ43くらいがおススメです。

もし26.5cmといった真ん中サイズの場合は41か42で悩むと思いますが、その場合中敷きを入れずに穿く人はサイズ41、中敷きを入れて調節する人はサイズ42がいいと思います。

LACE UP BOOTS with BACK ZIP”ANTONIOII”(レースアップブーツwithバックジップ)
https://discovery-onlineshop.com/?pid=136624133

 

あと、バルデ77の先行予約を、11月13日まで受け付けております。

よろしくお願いします。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. CURLY(カーリー)の素敵なアウター2種類と毎シーズン人気…

  2. Gypsy&sons(ジプシー&サンズ)らしいデザ…

  3. イタリアブランドならではの品を感じさせるAT.P.CO(アテ…

  4. SANDINISTA(サンディニスタ)のチェックシャツとテー…

  5. juha(ユハ)のキャップはミニマムに仕上げた大人な雰囲気

  6. 今の時代を感じさせるSANDINISTA(サンディニスタ)の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。