イタリアのニットブランドらしい色使いが魅力のV NECK(ブイネック)

水尻です。

本日はイタリアのニットブランドVNECK(ブイネック)の商品を紹介します。

VNECKは、イタリアのEFFEBI社が展開する男性用ニットブランドです。高級なニット素材と優れた編み機を使用し、有能なスタッフによってクオリティの高いニット製品が作られています。イタリア国内では、ミラノ、フィレンツェ、ローマ、国外ではパリ、モナコ、ロサンゼルス、ニューヨークなどのセレクトショップで扱われています。

昨年は無地と総柄と2種類取り扱ってみたところ、圧倒的に総柄のほうが人気でした。

総柄と聞くと一見派手そうな印象を持つ人もいますが、コートやアウターのインナーとして使うと凄く使えるんですよね。

去年の経験を生かしてサイズも52まで広げたので、昨年サイズで諦めた方も今年はいけると思います。

あとここ数年はクルーネックが人気だったのですが、ここにきてVネックを狙う人も増えてきました。

ファッションはみんなが着なくなると、そろそろ着てやろうかなという人が増えてくるんです。

何を隠そう自分もそろそろVネックの気分だったりします。

といいつつ最初に紹介するのはクルーネックです(笑)

総柄クルーネックニット

入荷色はブラック×グレーとボルドー×オレンジです。











V NECK(ブイネック)
NO.VN1873048
総柄クルーネックニット
COLOR&SIZE
BLACK×GRAY:46(S) 48(M) 50(L) 52(XL)
BOR×ORANGE:46(S) 48(M) 50(L) 52(XL)
PRICE:17,000+tax

2色の糸で立体的に柄を組み合わせたクルーネックニットです。

イタリアらしい色使いと、ニット専門ブランドならではの品質の高さが魅力的な1枚。

よく見ると柄が立体的な膨らみをもっており、単なる柄物のニットとはひと味違った仕上がりです。

ざっくりとしている様に見えますがそれほど厚手ではないので、単品でメインアイテムとして着こなすのはもちろん、真冬にはコートやジャケットのインナーとしても重宝します。

素材はウール・アクリル・レーヨンで、肌触りもよく、ニットが苦手な人でも問題なく着こなせます。

46、48、50、52の4サイズ展開です。

まずはボルドー×オレンジを着てみました。

サイズは46です。

キャスケット→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134682720

ニット→https://discovery-onlineshop.com/?pid=135477321

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134318386

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=133767161

ブイネックのサイズ46はまぁまぁ小さいので、僕より小柄な人でも全然着れると思います。

色目としては明るすぎず暗すぎない絶妙なバランスじゃないかと。

柄物に関しては、細かい柄のほうが上品な雰囲気で合わせやすい事が多いです。

例えばチェック柄やボーダー柄も、細かいほうが大人っぽいですよね?それと同じ理論です。

このニットの配色を活かして、他のアイテムは無地でシンプルにまとめてみました。

日常着のお洒落としてはちょうどいいと思います。

続いてはブラック×グレーのサイズ48です。

ニットキャップ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134625198

ニット→https://discovery-onlineshop.com/?pid=135477321

シャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134137062

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134318218

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134641273

ワンサイズ上になので、中にシャツを重ね着してコーディネートしてみました。

ブラックとグレーンの配色なので地味になると思いきや、この折柄の妙なのか意外にインパクトがあります。

やっぱりこのニットは柄が絶妙だと思うんですよね。

日本のブランドではなかなかやらない感じですし、そもそもオリジナルでニットを作る自体が結構高価だったりします。

イタリアブランドでかつニット専業にも関わらず、この価格ってのは相当頑張っていると思いますよ。

ジローラモみたいなチョイワルオヤジっぽい着こなしにも対応できます。

僕はやりませんけどね・・笑。


続いてはVネックです。

もちろん襟の形だけじゃなく、織り柄も変わってますよ。

総柄Vネックニット

入荷色はネイビー×グレーとキャメル×オレンジです。

V NECK(ブイネック)
NO.VN1873042V
総柄Vネックニット
COLOR&SIZE
NAVY×GRAY:46(S) 48(M) 50(L) 52(XL)
CAMEL×ORANGE:46(S) 48(M) 50(L) 52(XL)
PRICE:18,500+tax

2色の糸で立体的に柄を組み合わせたVネックニットです。

イタリアらしい色使いとニット専門ブランドならではの品質の高さが魅力的な1枚。

よく見ると柄が立体的な膨らみをもっており、単なる柄物のニットとはひと味違った仕上がりです。

ざっくりとしている様に見えますがそれほど厚手ではないので、単品でメインアイテムとして着こなすのはもちろん、真冬にはコートやジャケットのインナーとしても重宝します。

素材はウール、アクリル、レーヨンで、肌触りもいいので、ニットが苦手な人でも問題なく着こなせます。

46、48、50、52の4サイズ展開です。

まずはキャメル×オレンジのサイズ46です。

キャスケット→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134682720

ニット→https://discovery-onlineshop.com/?pid=135477418

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134318386

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=133767161

サイズ感はクルーネックとほぼ同じで、僕の体系だとサイズ46はちょっとタイトです。

僕の体格より小柄な人のほうがぴったりじゃないかと。

ジグザクのボーダーのような柄になってますが、そのほかにも立体的な織りも加わっているので、ボーダー特有のカジュアル感は少ないですね。

単なる無地のニットならユニクロとかにたくさんあるので、当店としてはこういうニットを提案するのが大事な役目だと思います。

同じことの繰り返しですけど、イタリア産のニットでこの価格はかなりおススメです。

そんなに厚手じゃないので、インナーとしてもかなり使える1枚だと思います。

これの上からコートなんか着るのも想像すると、この差し色がかなり効いてきます。

実際にここ数年は冬になると、明るめのニットのほうが断然動きがいいんですよ。

昨年辺りまでは白系が多かったので、少し変化をつける意味でもこんな色をおススメしたいですね。

続いてはネイビー×グレーです。

こちらはワンサイズアップしてサイズ48です。

キャスケット→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134682720

ニット→https://discovery-onlineshop.com/?pid=135477418

シャツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134137062

パンツ→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134318218

靴→https://discovery-onlineshop.com/?pid=134641273

こちらも先に紹介したクルーネックと同様に、シャツを重ね着してみました。

モデル並みにスタイルがいいなら無地×無地の着こなしでもカッコいいですが、日本人の体系だとなかなか雑誌やモデルの様にいきません。

秋冬の着こなしをお洒落にするポイントって、差し色や柄物をどこかに使うことじゃないかと思うんですよね。

無地の着こなしに足元だけ明るいスニーカーを合わせるようなイメージです。

先ほど書いたように、長身でスタイルが素晴らしければ何でもいいと思うんですけど、普通の日本人はそんなにめぐまれていません。

とはいっても全身柄物でまとめてたらやり過ぎです。

そういう時にこういう絶妙な柄物のニットは凄く使えますし、インナーとしても活躍してくれます。

もちろん皆さんが気にする肌触りも全く問題なしです。

正直クルーネックとVネック両方揃えても損はないアイテムだと思います。

もちろん海外ブランドですし再入荷はありませんので、寒くなるまでに選んでおいたほうがよさそうです。

ということで本日はブイネックの商品を紹介しました。

 

では本日もご来店お待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. PADRONE(パドローネ)LACE UP BOOTS wi…

  2. Gypsy&sons(ジプシー&サンズ)のフェルト…

  3. CURLY(カーリー)の素敵なアウター2種類と毎シーズン人気…

  4. PADRONE(パドローネ)のプレーントゥの凄さ

  5. デニムの奥深さを感じさせてくれるMR.OLIVEのストレッチ…

  6. MANUAL ALPHABET(マニュアルアルファベット)の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。