VARDE77(バルデ77)の迷彩パンツ

水尻です。

今季は全体的にカジュアルなアイテムをセレクトしました。

ある意味では王道の着こなし・・・という訳ではありませんが、結局そこに回帰してきた気がします。

基本的に僕がお店で提案したいのは、日常着としてオシャレできるスタイルです。

インパクトはあっても、ワンシーズンで飽きたらすぐに売ってしまうような洋服はセレクトしていません。

もちろん凝ったデザインのアイテムも時折セレクトしますが、あくまでそれらは味付け的な要素が強いです。

色々な洋服、色々なお店がある中で、当店らしいスタイルってのをしっかりと言葉にしていきたいと思いました。

今季もお付き合いいただければ幸いです。

では本日はバルデ77のパンツを紹介します。









STREET&FIELD TROOPS PANTS(2タックミリタリーパンツ)

展開色はカモフラのみです。

VARDE77(バルデ77)
NO.VR18AW-ST-PT01
STREET&FIELD TROOPS PANTS(2タックミリタリーパンツ)
CLOR&SIZE
CAMO:1(M) 2(L)
PRICE 23,800yen+tax

迷彩柄のミリタリー風パンツです。

なぜミリタリー風なのかといえばツータックを入れた事と、古着の軍パンにはない裾幅が広めのワイドシルエットで仕上げたところです。

生地と柄は完全にミリタリー風でありながら、シルエットはスラックステイストというのがポイント。

街着としては余計な装飾が多いミリタリーパンツのデザインをそぎ落として、かなりシンプルに仕上げました。

見た目は太めのミリタリーパンツ風ですが、穿いてみるとすっきりしたシルエットで違った雰囲気になると思います。

デザイナー曰く、本格的なミリタリーじゃない軍パンを作りたくて制作したパンツとなります。

生地は厚手でしっかりとしたコットン生地を使用しており、柔らかくするために洗い加工を施しています。

フロントはジッパーフライ。

1、2の2サイズ展開です。

サイズ1を穿いてみました。

着用はサイズ1のみです。

見ての通り太めのシルエットなので、サイズ2を穿いても見た目は同じです。

太めのパンツをコーディネートするポイントですが、身長が高い人はあまり気にする必要はないと思います。

逆に気を付けた方がいいのは身長が低い人です。

僕も背が高い方じゃないので(170cmです)、こういうパンツを穿くときは注意している事があります。

それは背が低く見えないようにすることと、足を長く見せるようにすることです。

太いパンツは横に面積を取るので、スラッとした見た目にはなりずらいです。

背を高く見せたいのであれば、上に着る服は着丈があまり長くないものを合わせましょう。

そうすればパンツが縦に見える面積が長くなって、必然的に脚が長く見えます。

僕はニットを着ましたけど、スウェットなんかでも着丈があまり長くなければオッケーです。

あと太めの迷彩パンツですから、基本的にカジュアルなパンツです。

ラフな着こなしが好きな人なら、スウェットやデニムと合わせてアメカジスタイルを楽しんでください。

個人的な好みとしてはそれじゃ当たり前すぎると思うし、あまりカジュアルなのも照れくさいので、ニットを合わせる事で大人っぽさを出しました

寒くなってきたらニットの中にシャツを合わせれば完璧ですね。

メンズの洋服って無地が多いですから、ピンポイントでこういう迷彩柄を使うと目を惹きますよ。

適度に目を惹きつつ、やり過ぎないバランスが大事じゃないかと。

参考にしていただければ幸いです。

ニット→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134318053

パンツ→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134731739

靴→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134620007

 

では本日もご来店お待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. VARDE77(バルデ77)のシンプルなようで普通じゃないス…

  2. PADRONE(パドローネ)LACE UP BOOTS wi…

  3. PADRONE URBAN LINE(パドローネアーバンライ…

  4. PADRONE(パドローネ) ONESIDE GORE BO…

  5. People of SHIBUYA(ピープルオブシブヤ)のダ…

  6. 袖と通した時の肌触りにこだわったMR.ORIVE(ミスターオ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。