PADRONE URBAN LINE(パドローネアーバンライン)のダブルモンクシューズ

水尻です。

おっさん二人のむさ苦しい雰囲気を変えようと、お店にアロマディフューザーを設置してみました。

匂いは何となく名前でシトラスハーブをチョイス。

この辺りの好みは人それぞれだと思いますが、個人的な感想としては子供のころに親父が使っていたトニックシャンプーの匂いがします(笑)

おっさん臭を払拭しようと導入したにも関わらず、結果的によりおっさんを意識するようになってしまいました。

悩んでもしょうがないので、使いきるまではこのままいきたいと思います。

では本日はパドローネアーバンラインの商品を紹介します。

DOUBLE MONK STRAP SHOES(ダブルモンクストラップシューズ)

入荷色はブラックのみです。









PADRONE URBAN LINE(パドローネアーバンライン)
NO.PU8759-2002-18C
DOUBLE MONK STRAP SHOES(ダブルモンクストラップシューズ)
COLOR&SIZE
BLACK:41(26cm) 42(27cm)
PRICE 30,000+tax

都会的なイメージを追求したアーバンラインのダブルモンクシューズです。

ダブルモンクシューズとは、その名前のとおりモンクストラップが2本ある革靴のこと。

メタルパーツのディテールやどっしりとしたフォルムから、足元に重厚感を与えることができます。

ドレスからカジュアルまでスタイルを選ばずにオンオフで使用できるため、様々な着こなしに合わせることが可能です。

アーバンラインは普遍的な中にも機能性も取り入れており、加工などをあまり入れていないキレイなイメージとなっており、ダブルモンクのドレス感を生かしています。

アッパーは革の産地・姫路でコンビ鞣しで仕上げたパドローネオリジナルのオイルレザーを使用

コンビ鞣しとは、植物のタンニンでなめすベジタブルタンニンなめしと、薬品で鞣すクロムなめしの特徴を掛け合わせた方法です(なめしとは生き物の皮を製品の革に加工する際の過程です)。

ベジタブルタンニンなめしで独特なツヤ感を出した後に、クロムなめしの均一でムラのない美しい表面感に仕上げています。

天然成分となるベジタブルタンニンが入る事で経年変化を保ちながら、クロムなめしの持つソフトな革の仕上がりとなります(フルベジタブルなめしだけだと最初革が固いので)。

そして仕上げに多量のオリジナルオイルを含ませ、熱処理を施してからワックス加工で磨き上げる事で最初から美しい艶がある風合いに仕上げています。

ソールには合成クレープをベースに作られた、メイドインジャパンのD.K.SOLEを採用しました。

滑りずらいだけじゃなくクッション性も高いので、長時間の歩行でも疲れずらいです。

履いた時の余り(捨て寸)を小さくしているので、今までのパドローネにはない足にフィットした作りとなっています。

25cmならサイズ40、26cmならサイズ41、27cmならサイズ42が適したサイズです。

例えば26.5cmといった真ん中サイズの場合は41か42で悩むと思いますが、上記の通り捨て寸が少なくそんなに余裕がある作りじゃないので、上のサイズ(この場合だと42)にして隙間が大きい場合は中敷きを入れて調整するのがオススメです。

もちろんスーツやドレススタイルに相性がいいのは間違いありません。

そういう用途で購入するなら問題ないと思うのですが、日常用として穿くことができるか?ってところが気になるんじゃないかと。

僕が常日頃提案しているのは「日常着としてのお洒落」です。

そういう場合、こういうシューズはどう合わせるか?

毎日ブログを見ている方なら何となくお分かりじゃないかと。

ドレス感が強すぎるんですから、少しカジュアル感を足してあげればいいです。

こんな感じですね。

レザージャケット→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134929916

シャツ→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134555876

パンツ→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134945222

靴→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134842908

「カジュアル」って何?と思う人もいるでしょうが、簡単にいえばアメカジっぽいアイテムだと思って下さい。

アメカジといっても色々なスタイルがありますが、ざっくりとアメカジといった感じです。

メンズの洋服は大きく分けると4種類に分類されます。

ワーク、ミリタリー、テーラード、スポーツの4種類です。

アウトドアはスポーツ寄りのワークスタイルだったりするので、ここには入っていません。

これ以外のスタイルも、ほとんどこれの枠内に収める事ができます。

つまりドレススタイルの靴をカジュアルにするなら、テーラード以外の3種類でを加えてあげればいいですね。

さきほどのスタイリングだとジーンズがカジュアルアイテムですね。

別のスタイリングを見てみましょう。

シャツ→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134945125

カットソー→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134933816

パンツ→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134654863

靴→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134842908

こちらはチェックシャツがカジュアルアイテムです。

という感じです。

同じスタイルでも靴を変えるだけで雰囲気がガラっと変わりますので、夏から秋にかけて変化をつけるのは靴からってのもいいですよ。

秋物の洋服と違ってすぐに着こなしに取り入れる事ができるので、明日から雰囲気を変える事ができちゃいます。

参考にしてみて下さい。

 

では本日もご来店お待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. HEAVY STITCHIN MOC TOE(Uチップモック…

  2. 秋の装いにふさわしいKafika(カフィカ)のパンツ

  3. VARDE77(バルデ77)の迷彩パンツ

  4. 普通のようで袖を通すとびっくりするのがCURLY(カーリー)…

  5. 無骨さとモード感を両立させたTHEE OLD CIRCUS(…

  6. 毎シーズン人気のKafika(カフィカ)ジョガーパンツが再入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。