PADRONE URBAN LINE(パドローネアーバンライン)DERBY SHOES(FREE LOCK)(フリーロックダービーシューズ)

水尻です。

まずはちょっとしたお知らせ。

年明けからの需要でサイズが欠けていた、パドローネのプレーントゥシューズのブラックが再入荷しました。

こちらはサイズがやや大きめという事もあって、サイズ40と41の動きが早いんですよね。

今期かなり在庫が積んだつもりだったのですが、やっぱりというかサイズを切らしてしまいました。

成人式の需要を読み切れなかったところが敗因です・・。

欠けているサイズは4月まで再入荷しない筈だったのですが、営業に頼み込んで何とか数足だけ確保しました。

という事ですので、在庫があるうちに是非ともお願いします。

次の入荷は秋冬分となりますので、相当先になっちゃうと思います。

4~5月頃に結婚式があって靴の購入を考えている方は、今のうちに抑えておくことをおすすめします。


という事で本日紹介するのは、今までのパドローネとはひと味違ったこちら。

正直に言います・・わたくし欲しいです(笑)

DERBY SHOES(FREE LOCK)(フリーロックダービーシューズ)

入荷色はブラックのみです。











PADRONE URBAN LINE(パドローネアーバンライン)
NO.PU8759-2003-19A
DERBY SHOES(FREE LOCK)(フリーロックダービーシューズ)
COLOR&SIZE
BLACK:40(25cm) 41(26cm) 42(27cm)
PRICE 32,000+tax

スニーカーをベースにしつつ、近年注目を浴びているフリーロックを採用したレザーシューズです。

都会的なイメージを追求したアーバンラインの商品らしく、スタイリッシュな雰囲気の1足です。

スニーカーと革靴のハイブリッドの様なデザインは、カジュアルから場合によってはビジネスシーンでもいけそうです。

フリーロックシステムとは、靴紐を無くす代わりにダイヤル状の装置を付け、着脱を簡単にしたシステムの名称。

ダイヤルを回すことで締めることができ、ダイヤルを引っ張ると締め付けが解除されます。

アッパーのレザーは、パドローネオリジナルとなるコンビ鞣しのステアハイドを使用。

コンビ鞣しとは、植物のタンニンでなめすベジタブルタンニンなめしと、薬品で鞣すクロムなめしの特徴を掛け合わせた方法です(なめしとは生き物の皮を製品の革に加工する際の過程です)。

ベジタブルタンニンなめしで独特なツヤ感を出した後に、クロムなめしの均一でムラのない美しい表面感に仕上げています。

天然成分となるベジタブルタンニンが入る事で経年変化を保ちながら、クロムなめしの持つソフトな革の仕上がりとなります(フルベジタブルなめしだけだと最初革が固いので)。

ソールには合成クレープをベースに作られた、メイドインジャパンのD.K.SOLEを採用しました。

滑りずらいだけじゃなくクッション性も高いので、長時間の歩行でも疲れずらいです。

履いた時の余り(捨て寸)を小さくしているので、今までのパドローネにはない足にフィットした作りとなっています。

25cmならサイズ40、26cmならサイズ41、27cmならサイズ42が適したサイズです。

例えば26.5cmといった真ん中サイズの場合は41か42で悩むと思いますが、上記の通り捨て寸が少なくそんなに余裕がある作りじゃないので、上のサイズ(この場合だと42)にして隙間が大きい場合は中敷きを入れて調整するのがオススメです

では本日もご来店お待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. SANDINISTA(サンディニスタ)Chino Daily…

  2. CURLY(カーリー)FROSTED CREW SWEAT(…

  3. CURLY(カーリー)のBRIGHT COAT(ブライトコー…

  4. SANDINISTA(サンディニスタ)Rayon Open …

  5. GOOD NEIGHBORS SHIRTS(グッドネイバーシ…

  6. YSTRDY’s TMRRW(イエスタディズトゥモロー)PA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。