VARDE77(バルデ77)のシンプルなようで普通じゃないスウェット

まだリニューアルしたブログに慣れない方も多いのでは?

ご安心ください。

それはこちらも同じです。

このタイミングでパソコンも新しくしたので、慣れないこと尽くめです(笑)。

携帯でも財布でも慣れないのは最初だけです。

そういうものを新しくする喜びというのは、ある意味では洋服も同じだったりします。

いつもと違う洋服。

いつもと違い着こなし。

最初は慣れなかったりするのですが、すぐに自分のスタンダードになるものです。

皆様も今シーズン新しい発見をしてほしいですね。

ということで、本日はバルデ77のスウェットを紹介します。

BASIC NO SWEAT(ベーシックスウェット)

入荷色はブラックとオリーブです。







Varde77(バルデ77)
NO.VR18AW-CM-ST01
BASIC NO SWEAT(ベーシックスウェット)
COLOR&SIZE
BLACK:ONEIZE
OLIVE:ONESIZE
PRICE 16,800+tax

既に長年着用したようなヴィンテージ調の深い色合いと柔らかさが特徴の生地を使って、横広で袖幅が広く作られた動きやすいスウェット。

見た目のデザインはベーシックなのですが、シルエットをルーズに仕上げているので、袖を通してみると普通のスウェットとは違った雰囲気です。

ゆったりとしながらも裾はややしぼった感じになるので、丸みのあるバルーンのようなシルエットとなります。

スウェットといっても地厚の堅い手触りではなく、柔らかくて着心地がよいのがポイント。

裏毛の部分を見ると糸の濃淡があり、深みのある色で制作されているのがわかります。

残暑が残る時期には単品でゆったりTシャツのような着こなし、寒くなってきたらゆるさを生かして中に色々と重ね着して使うのがおすすめです。

デザインと色はシンプルに仕上げたので、何にでも合わせることができるスウェットです。

ワンサイズ展開です。

着てみました。

まずはオリーブ

こちらは残暑が残る時期をイメージして着てみました。

トップスはゆったり目ですけど、だらしなくならないのはパンツがすっきりしているからだと思います。

あと着こなしの注意点なのですが、ジーンズにただスウェットを普通に合わせてもなかなかオシャレに見えません。

まぁモデルなみの体系でイケメンなら大丈夫でしょうが・・笑

この着こなしだと、ペイント加工のデニムと明るめのニットキャップが大事な部分です。

もしデニムにペイント加工が無く、ニットキャップもブラックだったらこの雰囲気はでなかったと思います。

デニムは派手そうなデザインでも、基本的にみんな見慣れているベーシックアイテムなので、それほどいやらしくなりません。

着こなしが地味でなんか垢抜けないと感じている人は、この手のアイテムを取り入れてはいかがですか?

例えば真っ赤のパンツを買うより格段に敷居は低いと思います。

ニットキャップ→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134625198

スウェット→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134654793

パンツ→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134555239

靴→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134316864

続いてはブラックです。

こちらはスラックス風のパンツを合わせて、少しドレス感を強めてみました。

中にシャツも合わせているので、秋本番の着こなしをイメージしています。

スウェットを着ると子供っぽくなってしまう人は、こんな感じで中にシャツを重ね着するといいですよ。

シャツのドレス感がうまくミックスされて、子供っぽさを払拭してくれます。

上のデニムと同じで、無地のスウェットに無地のパンツを合わせると平凡な感じになってしまうので、チェックのパンツを合わせました。

無地のスウェットは合わせやすそうなアイテムですが、オシャレに着こなすにはちょっとした工夫が必要です。

今日紹介したスウェットも見た目は無地でシンプルそうですけど、着てみるとファストファッションに売っているスウェットとは全く違った印象になると思います。

こういうスウェットは絶対に活躍しますよね。

冬はインナーとしても活躍します。

ニットキャップ→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134625198

スウェット→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134654793

シャツ→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134137062

パンツ→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134670218

靴→https://discovery-jp.shop-pro.jp/?pid=134641703

では本日もご来店お待ちしております。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
Mail:mailto@discovery-jp.com
FB:https://www.facebook.com/discovery0720
Instagram:discovery2008
—————————————–




関連記事

  1. 今の時代を感じさせるSANDINISTA(サンディニスタ)の…

  2. MR.OLIVE(ミスターオリーブ)のリングジップブルゾン

  3. PADRONE URBAN LINE(パドローネアーバンライ…

  4. イタリアのニットブランドらしい色使いが魅力のV NECK(ブ…

  5. タイパンツのデザインを取り入れたMANUAL ALPHABE…

  6. HEAVY STITCHIN MOC TOE(Uチップモック…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。